経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け

同友館 正誤表一覧

お詫びと訂正"(2020-04-02)"

『持続可能な経営と中小企業』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

巻末【編著者紹介】部分 藤岡資正氏のお肩書き部分に誤りがございました。

(誤) 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科専任教授
(正) 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科専任准教授(2020年4月1日から専任教授)


お詫びと訂正"(2020-03-30)"

『2020年版過去問完全マスター3企業経営理論』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.506 アの解説
(誤)
平成18 年施行の改正労働安全衛生法において,「事業者は,労働者の週40 時間を超える労働が1 月当たり100 時間を超え,かつ,疲労の蓄積が認められるときは,労働者の申出を受けて,医師による面接指導を行わなければならない」とされた。したがって、設問の「本人の申出の有無にかかわらず」という部分は正しくない。
(正)
平成18 年施行の改正労働安全衛生法において,「事業者は,労働者の週40 時間を超える労働が1 月当たり80 時間を超え,かつ,疲労の蓄積が認められるときは,労働者の申出を受けて,医師による面接指導を行わなければならない」とされた。したがって,設問の「100時間」という部分と「本人の申出の有無にかかわらず」という部分が正しくない。



お詫びと訂正"(2020-03-17)"

『2020年版過去問完全マスター4運営管理』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.304 平成27年度第23問の解説の6行目 
(誤)用途地域は現在12種類あり
(正)用途地域は現在13種類あり(2018年より)

p.308 平成23年度第22問の解説の7行目
(誤)用途地域の種類は現在12種類あり
(正)用途地域の種類は現在13種類あり(2018年より)



お詫びと訂正"(2020-03-16)"

『月刊 『企業診断』 2020年3月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.84 連載ふぞろい流合格ゼミ2020 1次試験編
誤 図表6 企業経営理論の近年の合格率
正 図表6 経営法務の近年の合格率
図表名の表記の誤りで、データは経営法務のものです。



お詫びと訂正"(2020-03-11)"

『中小企業の国際化と現地発イノベーション』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

250ページ 第9章の表9-3にて、図表タイトルに脱字がございました。

(誤) 【表9-3】現地発イノベーション創出の要因分
(正) 【表9-3】現地発イノベーション創出の要因分析


お詫びと訂正"(2020-02-25)"

『中小企業診断士試験 財務・会計速答テクニック』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(p.49の一番下の行)
(誤)100S = 35,700 /35
(正)S = 3,570,000 /35



お詫びと訂正"(2020-01-08)"

『月刊 『企業診断』 2019年12月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

中小企業診断士第2次試験【出題傾向・解答例と学習のポイント】
中小企業の診断および助言に関する実務の事例4

解答例
p.123
第3問(設問3)(b)


正味現在価値12.63<-30+(-0.3-11.2X)×0.952+(6.7-18.9X)×0.907+(15.1-22.4X)×0.864+(10.2-17.5X)×0.823+(10.2-11.2X)×0.784
X<-0.10521→10.52%削減する


正味現在価値12.63<-30+(-0.3+11.2X)×0.952+(6.7+18.9X)×0.907+(15.1+22.4X)×0.864+(10.2+17.5X)×0.823+(10.2+11.2X)×0.784
X>0.10521→10.52%削減する

上記に伴い解説も変わります。

解説
p.125
第3問(設問3)


正味現在価値12.6311<-30+(-0.3-11.2X)×0.952+(6.7-18.9X)×0.907+(15.1-22.4X)×0.864+(10.2-17.5X)×0.823+(10.2-11.2X)×0.784
X<-0.105229


正味現在価値12.6311<-30+(-0.3+11.2X)×0.952+(6.7+18.9X)×0.907+(15.1+22.4X)×0.864+(10.2+17.5X)×0.823+(10.2+11.2X)×0.784
X>0.105229

図表2


税引前利益
-9-16X 1-27X 13-32X 6-25X 6-16X
法人税等
-2.7-4.8X 0.3-8.1X 3.9-9.6X 1.8-7.5X 1.8-4.8X
税引後利益
-6.3-11.2X 0.7-18.9X 9.1-22.4X 4.2-17.5X 4.2-11.2X
CF
-0.3-11.2X 6.7-18.9X 15.1-22.4X 10.2-17.5X 10.2-11.2X


税引前利益
-9+16X 1+27X 13+32X 6+25X 6+16X
法人税等
-2.7+4.8X 0.3+8.1X 3.9+9.6X 1.8+7.5X 1.8+4.8X
税引後利益
-6.3+11.2X 0.7+18.9X 9.1+22.4X 4.2+17.5X 4.2+11.2X
CF
-0.3+11.2X 6.7+18.9X 15.1+22.4X 10.2+17.5X 10.2+11.2X


お詫びと訂正"(2019-11-13)"

『月刊 『企業診断』 2019年11月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
講座「事例4 逆転するための経営分析」
p.96
左段下から5行目
・自己資本比率が低ければ、固定長期適合率も低くなる
 も低くなる→は高くなる
右段4行目
・固定長期適合率を上位の順番にした理由は、100%を下回ったら悪い
 下回ったら→上回ったら悪い
右段22行目
・固定比率が100%を下回っても、固定長期適合率が100%を下回っていなければ
 下回って→上回って
 下回っていなければ→上回っていなければ


お詫びと訂正"(2019-08-22)"

『月刊 『企業診断』 2019年7月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.94 例題 第1問
誤)
イ 経常収支の黒字を民間部門の貯蓄超過が上回るとき、財政収支は赤字である。
正)
イ 経常収支の黒字を民間部門の貯蓄超過が下回るとき、財政収支は赤字である。

p.107 第2問
誤)ウ 〇 正解は「ウ」である
正)ウ × 正解は「ア」である
ウの問題文の「必ず4面に垂直側板があり」という点が誤りであり、
不適切となります。
アの問題文の内容は正しく、正解のままです。


お詫びと訂正"(2019-02-06)"

『月刊 『企業診断』 2018年1月号 』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.33 左列下部の図表
間接法の欄
誤:増引前当期純利益
正:税引前当期純利益



企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2020年4月号

企業診断ニュース 2020年04月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧