経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け

同友館 正誤表一覧

お詫びと訂正"(2020-07-28)"

『2020年改訂版中小企業診断士2次試験事例IVの全知識&全ノウハウ』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(p.178)
本問において、第X5期の「設備処分支出5百万円」は、「非現金支出項目」ではなく「現金収支を伴う費用(現金支出)」となります(除却損としたのが誤り)。
これに伴い、p.178の表は、下のPDFのとおりとなります。
また、p.178下部の【補足】の2点目冒頭は、以下のようになります。
(誤)X5年度末に認識するべき除却損(設備処分支出)5百万円は〜
(正)X5年度末に認識するべき設備処分支出5百万円は〜

(注1)2019年改訂版(p.167)も同様に訂正いたします。
(注2)2020年改訂版は、第1刷のみ該当いたします。

pdf 正誤表-1(2020年7月28日更新)


お詫びと訂正"(2020-07-02)"

『2020年版過去問完全マスター6経営情報システム』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(p.226 ウの解説)
(誤)TCP/IPはネットワーク層と、セッション層を規定して通信を行う通信プロトコルである。
(正)TCP/IPはトランスポート層と、ネットワーク層の2つの層を規定して通信を行う通信プロトコルである。

(p.282 解答)
(誤) エ → 〈正) イ

(エの解説)
(誤) 適切である。保全性(保守性)は,MTTR で評価される。システム A のMTTR は 20 時間,システム B の MTTR は 28 時間であるため,システムA のほうがシステム B よりも保全性に優れている。
(正) 不適切である。保全性(完全性)とは、「システムが保持するデータを、データ破壊やデータ間の不整合を起こさず保持できること」であるため、問題文に記載の内容だけで情報システムAとBの優劣を比較することはできない。

(p.284 空欄Dの解説5行目)
(誤) 保全性は故障した箇所を元通りにするための修理や交換のしやすさを表す。
(正) 保全性はシステムが保持するデータを、データ破壊やデータ間の不整合を起こさず保持できることを表す。




お詫びと訂正"(2020-06-29)"

『月刊 『企業診断』 2020年6月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
連載 ふぞろい流合格ゼミ2020【1次試験編】
p.89
図表8 保護期間
著作権
誤 生存中+死後50年
正 生存中+死後70年
著作権の保護期間は、平成30年12月30日から生存中+死後70年に変更されました

平成29年度 第7問
ア 意匠権(関連意匠の意匠権を除く)の存続期間は、設定登録の日から20年である。
 上記は、平成29年度の問題ですが、意匠権(関連意匠の意匠権を除く)の存続期間は、令和2年4月1日から意匠登録出願の日から25年に変更されました。したがって、該当の選択肢を現状に合わせた表記にすると、下記のとおりとなります。
ア 意匠権(関連意匠の意匠権を除く)の存続期間は、意匠登録出願の日から25年である。


お詫びと訂正"(2020-05-19)"

『2020年版過去問完全マスター1経済学・経済政策』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(p.165 選択肢aの解説の4行目)
(誤)貨幣需要の利子弾力性が0
(正)貨幣需要の利子弾力性が無限大

(p.306 表の1995-1999年の「労働の寄与」の数値)
(誤)0.1
(正)-0.1

(p.352 イの解説)
(誤)パレート最適でない状態では、誰かの効用を不利にすることなく、ある個人の効用を上げることはできない。
(正)パレート最適でない状態では、パレード最適に向けた配分改善の余地があり、他の個人を不利にせずある個人を有利にできる場合もあるが、
どのような状況でも「必ず」そうなるとは言えない。

(p.577 「出題範囲と過去問題の出題実績対比」の表)
(誤)平成27年度第8問が「貨幣理論と金融政策」となっている
(正)「雇用と物価水準」に掲載されているので、そちらに移動

(p.495の図表)
生産関数曲線の位置が不適切でした。
正しくは、下記の図表(PDF、正誤表―2)のようになります。

(p.553の図表)
点P0、および点P0と点E間の点線を追記
正しくは、下記の図表(PDF、正誤表―1)のようになります。


pdf 正誤表-1(2020年4月23日更新)

pdf 正誤表-2(2020年5月11日更新)


お詫びと訂正"(2020-04-07)"

『2020年版過去問完全マスター5経営法務』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(p.74の図表 意匠権(意匠法)のところ)
(誤) 物品のデザインを保護  登録から20年
(正) 物品等のデザインを保護 出願から25年
   (特許庁のHPも更新されていないが、これが正しい)

(p.206 下から3行目)
(誤) 死後50年
(正) 死後70年

 


お詫びと訂正"(2020-04-02)"

『持続可能な経営と中小企業』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

巻末【編著者紹介】部分 藤岡資正氏のお肩書き部分に誤りがございました。

(誤) 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科専任教授
(正) 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科専任准教授(2020年4月1日から専任教授)


お詫びと訂正"(2020-03-30)"

『2020年版過去問完全マスター3企業経営理論』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.506 アの解説
(誤)
平成18 年施行の改正労働安全衛生法において,「事業者は,労働者の週40 時間を超える労働が1 月当たり100 時間を超え,かつ,疲労の蓄積が認められるときは,労働者の申出を受けて,医師による面接指導を行わなければならない」とされた。したがって、設問の「本人の申出の有無にかかわらず」という部分は正しくない。
(正)
平成18 年施行の改正労働安全衛生法において,「事業者は,労働者の週40 時間を超える労働が1 月当たり80 時間を超え,かつ,疲労の蓄積が認められるときは,労働者の申出を受けて,医師による面接指導を行わなければならない」とされた。したがって,設問の「100時間」という部分と「本人の申出の有無にかかわらず」という部分が正しくない。



お詫びと訂正"(2020-03-17)"

『2020年版過去問完全マスター4運営管理』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.304 平成27年度第23問の解説の6行目 
(誤) 用途地域は現在12種類あり
(正) 用途地域は現在13種類あり(2018年より)

p.308 平成23年度第22問の解説の7行目
(誤) 用途地域の種類は現在12種類あり
(正) 用途地域の種類は現在13種類あり(2018年より)



お詫びと訂正"(2020-03-16)"

『月刊 『企業診断』 2020年3月号』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
p.84 連載ふぞろい流合格ゼミ2020 1次試験編
誤 図表6 企業経営理論の近年の合格率
正 図表6 経営法務の近年の合格率
図表名の表記の誤りで、データは経営法務のものです。



お詫びと訂正"(2020-03-11)"

『中小企業の国際化と現地発イノベーション』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。

250ページ 第9章の表9-3にて、図表タイトルに脱字がございました。

(誤) 【表9-3】現地発イノベーション創出の要因分
(正) 【表9-3】現地発イノベーション創出の要因分析


企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2020年8月号

企業診断ニュース 2020年8月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧