経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  商業経営 >  小売業と不動産業の境界領域に関する研究

小売業と不動産業の境界領域に関する研究

著者名 池澤威郎 著
判型 A5判上製
頁数 432
定価 4,180円
(本体3,800円+税)
ISBN 9784496056451
第1刷 2023年03月20日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

現代の小売商業の世界において、リアル店舗に対して、「リアル店舗の強みとは何か?」について再考すべき時期が来ている。ただ一般における商業論や小売マーケティングにおいては「商流」を中心とした取引観が主流を占めており、商品が販売される店舗におけるリアルな「場」=「不動産」についての言及があまり見られなかったように思う。
本書は総合型商業施設を営む、百貨店事業(小売業)とショッピングセンター事業(商業不動産業)がそれぞれ、互いの強みに惹かれあうように接近しようとする昨今の経営事象(企業のビジネスモデルを超えようとする経営行動)について、いかようなインセンティブがあり、個店と集積としての組織の競争と協調がどう調整され、どのように顧客価値の実現がなされているのか、その経営原理について明らかにしようとするものである。

→この本の目次

序章 背景と課題

第I部 導入
第1章 先行研究の整理:「取引システム」と「ビジネスシステム」
第2章 研究手法

第II部 理論編
第3章 買取仕入と消化仕入の「使い分けモデル」(A):消化仕入再考(食品の場合)
第4章 賃貸借(賃料方式)と小売(仕入形態)の「使い分けモデル」(B)
第5章 百貨店のSC化(ビジネスシステムのレベル分析)
第6章 SCの百貨店化(1)(「短期取引─ DV 主導組織」の構図)
第7章 SCの百貨店化(2)(一体性のマネジメントと組織能力の獲得モデル)

第III部 事例編
第8章 百貨店のSC化(1)「シームレス化」:東急百貨店渋谷ヒカリエShinQsの事例
第9章 百貨店のSC化(2)「並存化(ゾーン化)」とFC化:あべのハルカス近鉄本店と地方店との店舗間関係の事例
第10章 SCの百貨店化(1)駅ビルのビジネスシステム確立:アトレの事例
第11章 SCの百貨店化(2)飲食・食物販集積の一体性獲得モデル:ルクア フードホールとバルチカの事例
第12章 百貨店の位置づけの変容(1)「百貨店のテナント化」:ルクア大阪の事例
第13章 百貨店の位置づけの変容(2)「SC のマルチアンカー化」: 札幌ステラプレイスの事例

第IV部 結語
第14章 結論:小売業と不動産業の境界領域

補章 コロナ禍における商業空間の変容とデジタル化への対応(試論的拡張)

→著者の情報

阪南大学流通学部准教授・博士(経済学)。1972年愛知県生まれ。博士(経済学)、修士(法学)。SC経営士・1級販売士・商業施設士。2008年に名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。流通・小売マーケティングとビジネスモデル論を専攻。百貨店、ショッピングセンターを対象とした研究を中心に行なう。1999年にJR系百貨店に入社し、百貨店の開業準備業務及び運営業務を行なう(その間、グループ会社の百貨店、商業デベロッパー会社に研修出向)。その後、2011年よりショッピングセンターの新規事業開発に携わる(7年間の開発・運営業務)。20年間勤務ののち退社。2019年より福山市立大学都市経 営学部准教授を経て、2022年4月より現職。百貨店小売実務・商業不動産実務に明るい。著書に『駅・まち・マーケティング-駅ビルの事業システム革新』(同友館)がある。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2023年10月号

企業診断ニュース 2023年3月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧