経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  社会・環境 >  日本人だけが知らないアメリカがオバマを選んだ本当の理由

日本人だけが知らないアメリカがオバマを選んだ本当の理由

オバマ草の根運動

著者名 海野素央 著
判型 46判
頁数 301
定価 1,944円
(本体1,800円+税)
ISBN 9784496045134
第1刷 2009年03月01日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

本書は、著者がオバマ草の根運動に参加し、有権者を対象に実施したヒアリング調査やそこで発生したエピソード、オバマ事務所で働く若いスタッフたちの話をベースにしている。タイミングよくアフリカ系アメリカ人のバラク・オバマが大統領候補に名のり、選挙戦に加わった。私は、1992年ワシントンDCにいた。当時は、再選を目指すジョージ・H・W・ブッシュ大統領(共和党)とアーカンソウ州のビル・クリントン知事、テキサス州の富豪ロス・ぺロー(無党派)による3つ巴の大統領選挙戦が繰り広げられていた。私は、ペローの草の根運動に参加した。残念ながら、ペローは途中で選挙戦を降り、また短期間を経て復帰するのだが、以前の勢いを取り戻すことができなかった。それにも関わらず、ペローは無党派の候補として19%を獲得した。この時の経験から、選挙戦を文化が交錯する現場で観察するには、草の根運動に参加することがベストであるという認識を得た。いろいろな面で配慮するべき点もあったが、思いきってオバマの草の根運動に飛び込んだ。 本書が管理職のリーダーシップやコミュニケーションの一助になれば幸いである。若者層のモチベーションの向上になれば、それは最高である。

→この本の目次

はしがき
第1章 オバマ草の根運動
第2章 オバマのリーダーシップスタイルと多様性戦略
第3章 オバマ支持者対ヒラリー支持者
第4章 変革対変革――本当の変革をもたらすのはどちらの候補か
第5章 経済危機対オバマの人格と愛国心
あとがき 今後の展開

→同じ著者の本

トヨタ公聴会から学ぶ異文化コミュニケーション
海野素央 著
価格:1,404円
詳細はこちら
オバマ+コノリーvs.ティーパーティー
海野素央 著
価格:1,620円
詳細はこちら
リスクと回復力
海野素央 著
価格:1,404円
詳細はこちら
オバマ再選の内幕
海野素央 著
価格:2,376円
詳細はこちら

→著者の情報

明治大学政治経済学部教授。現在、アメリカン大学(ワシントンDC)国際貢献学部(SIS)/ 異文化マネジメント研究所(IMI)客員研究員。著書に、『アジア地域と日系企業―インド・中国進出を考える企業への提言』(同友館, 2008)、『組織文化のイノベーション―組織DNA浸透のための15の戦略』(同文舘, 2006年)、『合併企業のモチベーション管理―組織文化の繭をどう打破するか』(中央経済社, 2005年)、『異文化コラボレーターの仕事―合併はなぜうまくいかないのか』(中央経済社, 2004年)、『異文化ビジネスハンドブック』(学文社, 2002年)、『合併企業と「異文化」』(共著, 学文社, 2002年)、『ネットワーク社会の経営学』(共著, 白桃書房, 2002年)、『日本人の社会心理学』(共著, 人間の科学社, 1998年)がある。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2019年8月号

企業診断ニュース 2019年8月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧