経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  中小企業診断士試験 >  2021年版過去問完全マスター3企業経営理論

2021年版過去問完全マスター3企業経営理論

著者名 過去問完全マスター製作委員会 編
判型 A5判
頁数 832
定価 3,630円
(本体3,300円+税)
ISBN 9784496055096
第1刷 2021年01月20日
正誤表 正誤表有り
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成23〜令和2)を論点別・重要度順に編集。法改正・制度変更にも対応。

中小企業診断士1次試験は7科目の幅広い領域から出題され、合格には平均6割以上の特典が求められるが、1年間で1次試験・2次試験の両方の勉強をするためには最大でも8か月ほどしか1次試験に時間を割くことができないため、すべての科目のすべての領域を勉強することは非効率である。
したがって、受験生はいかに早く出題傾向を把握し、頻出な論点を繰り返し解くことができるかが重要である。
では、出題傾向や重要な論点はどのように把握すればよいのか?
そのためには、過去問題を複数年度確認する必要がある。
しかし、これまでの過去問題集は年度別に編集されているので、同一論点の一覧性を確保したい場合や論点別に繰り返し解くツールが欲しい場合には、受験生自身が過去問題を出題項目ごとに並べ替えたツールを自ら作成する必要があった。
これには時間も労力もかかるため、「市販の問題集で論点別にまとめたものがあったらいいのに・・・」と考える受験生の声に応えて作られたもの。
過去10年間の1次試験過去問題を収録し、出題傾向を参考にして並べ替えたことで、受験生が短期間に頻出の論点を容易に把握し、繰り返し解き、自分の苦手な論点を徹底的に克服することができるように工夫した。

→この本の目次

1 戦略経営論
第1章 経営計画と経営管理
第2章 企業戦略
第3章 成長戦略
第4章 経営資源戦略
第5章 競争戦略
第6章 技術経営(MOT)
第7章 国際経営(グローバル戦略)
第8章 企業の社会的責任(CSR)
第9章 その他経営戦略論に関する事項

2 組織論
第1章 経営組織の形態と構造
第2章 経営組織の運営
第3章 人的資源管理

3 マーケティング論
第1章 マーケティングの基礎概念
第2章 マーケティング計画と市場調査
第3章 消費者行動
第4章 製品計画
第5章 製品開発
第6章 価格計画
第7章 流通チャネルと物流
第8章 プロモーション
第9章 応用マーケティング
第10章 その他マーケティング論に関する事項

→同じ著者の本

2021年版過去問完全マスター1経済学・経済政策
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,080円
詳細はこちら
2021年版過去問完全マスター2財務・会計
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,080円
詳細はこちら
2021年版過去問完全マスター4運営管理
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,630円
詳細はこちら
2021年版過去問完全マスター5経営法務
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,080円
詳細はこちら
2021年版過去問完全マスター6経営情報システム
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,080円
詳細はこちら
2021年版過去問完全マスター7中小企業経営・政策
過去問完全マスター製作委員会 編
価格:3,080円
詳細はこちら

→本書の正誤表・追加情報

お詫びと訂正"(2021-03-22)"

『2021年版過去問完全マスター3企業経営理論』に下記の誤りがありました。
お詫びして訂正致します。
(P.124  選択肢アの解説)
(誤)ア:適切である。
(正)ア:不適切である。

(P.222 オの解説が抜けていました) 2020年版 P.220も同様
オ:不適切である。イノベーターにもアーリー・アドプターにも受け入れられることは必要である。ただし、選択肢エと同様に、キャズムを理論では、アーリーマジョリティに受け入れられることが重要となるため、不適切である。

(P.236 オの解説) 2020年版 P.234も同様
(誤) レイト・マジョョリティ 
(正) レイト・マジョリティ 

(p.472 エの解説)
(誤)不適切である。
(正)適切である。出題当時は「不適切」だったが、働き方改革に伴う法改正により、現在は「適切」となった。そのため、選択肢がすべて「適切である」となり、問題自体が不成立。p.460参照。


(P.654 解説アについて)  2020年版 P.642も同様
(誤)詳しくは前掲平成21年度第28問(設問2)の解説を参照のこと。
(正)ブランド拡張(カテゴリー拡張ともいわれる)とは、異なる製品カテゴリーに従来ブランドを使用することである。たとえば、チーズのブランドをドレッシングの新製品に付ける、異なる製品カテゴリーに従来ブランドを使用することなどが挙げられる。

(P.796 解説エについて) 2020年版P.784も同様
(誤)適切である。
(正)不適切である。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2021年6月号

企業診断ニュース 2021年6月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧