経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  国際化 >  トヨタ公聴会から学ぶ異文化コミュニケーション

トヨタ公聴会から学ぶ異文化コミュニケーション

著者名 海野素央 著
判型 四六並
頁数 104
定価 1,404円
(本体1,300円+税)
ISBN 9784496047695
第1刷 2011年03月28日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

「いい車を作ろうよ」―豊田章男社長の口癖であるこの言葉には、製造業の原点がある。
実際に、豊田社長の真後ろで公聴会を傍聴していた筆者は、豊田社長の答弁に不快感を示す議員や、苛立ちを隠そうとしない議員を目の当たりにした。どうしてこのようなギャップが日米で生じてしまったのだろうか?
トヨタ大規模リコール問題を、米国のバッシングや陰謀説として片づけるレベルであってはならない。
日本人が同文化並びに異文化環境において、円滑なコミュニケーションをとっていくための知識やスキルはなにか。同文化、異文化を問わず応用が可能で、例えば、プレゼンテーション、会議、演説、説得、交渉、ディベート、政府や企業のPR、選挙運動などの結果を左右する効果を持つ、「核となるメッセージ」の創造と浸透戦略とは―。

→この本の目次

第1章 トヨタ公聴会と並び屋
第2章 ハンスとの衝突
第3章 豊田社長VS.タウンズ委員長
第4章 トヨタ公聴会に対する議会側の反応
第5章 効果的なコミュニケーション戦略
附章 トヨタとオバマはどこがどう似ているのか

→同じ著者の本

日本人だけが知らないアメリカがオバマを選んだ本当の理由
海野素央 著
価格:1,944円
詳細はこちら
オバマ+コノリーvs.ティーパーティー
海野素央 著
価格:1,620円
詳細はこちら
リスクと回復力
海野素央 著
価格:1,404円
詳細はこちら
オバマ再選の内幕
海野素央 著
価格:2,376円
詳細はこちら

→著者の情報

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント研究所客員研究員(08〜10)。
全てのトヨタ公聴会を傍聴。10年米中間選挙において、ジェリー・コノリー下院議員(民主党・バージニア州第11選挙区)の草の根運動に参加。同時に、オバマ大統領の草の根運動の本部「オーガナイジング・フォー・アメリカ(OFA)」でボランティアとして活動。08年米大統領選挙では、激戦州バージニア州でオバマ草の根運動員として、戸別訪問を実施。専門は、異文化間コミュニケーション論、異文化ビジネス論、産業・組織心理学。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2019年7月号

企業診断ニュース 2019年7月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧