経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  社会・環境 >  環境コミュニケーション

環境コミュニケーション

2050年に向けた企業のサステナコム戦略

著者名 清水正道 著
判型 A5判並製
頁数 304
定価 2,640円
(本体2,400円+税)
ISBN 9784496046643
第1刷 2010年03月20日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

持続可能な社会形成に向けた企業の取組が”待ったなし”の状況を迎える中で、情報開示を含む統合的コミュニケーション活動へと発展しつつある環境コミュニケーション活動を時間軸と空間軸とでとらえ直し、その活動の枠組みを検討し、メディア活用やマネジメント手法を提示する。さらに今後に向けて、企業を主体とするサステナビリティ・コミュニケーション(サステナコム)の戦略的意義を説く。

1004 PRニュース書籍紹介.pdf

→この本の目次

序章:変容する現代の社会経済
第1章:環境コミュニケーションの構図
第2章:企業の社会的コミュニケーションの現状と課題
第3章:環境コミュニケーションの現状と課題
第4章:環境コミュニケーションの戦略と実務
第5章:サステナコムのコミュニケーション戦略

→書評

「埼玉新聞」に著者のインタビュー記事が掲載されました。
本書が2010年度日本広報学会学術貢献賞を受賞いたしました。
(詳細は受賞に関するPDFをご覧ください)
「朝日新聞広告局ウェブサイト」に著者のインタビュー記事が掲載されました。
「JMAマネジメントレビュー」6月号に書評が掲載されました。
「経営倫理」第60号に書評が掲載されます。
「経済広報」5月号に著者による紹介記事が掲載されました。
「宣伝会議」6月号に書評が掲載されました。

pdf 書評PDF版

→著者の情報

清水正道:日本能率協会広報部長、経営革新研究所主任研究員を経て、現在、淑徳大学教授。著書に『CC戦略の理論と実践-環境・CSR・共生』(共著、同友館、2008年)、『環境経営学の扉』(共著、文眞堂、2008年)『CSRイニシアチブ』(編著、日本規格協会、2005年)、『広報・広告プロパガンダ』(共著、ミネルヴァ書房、2003年)など

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2019年11月号

企業診断ニュース 2019年11月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧