経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  商業経営 >  駅・まち・マーケティング

駅・まち・マーケティング

駅ビルの事業システム革新

著者名 池澤威郎 著
判型 四六判
頁数 280
定価 1,728円
(本体1,600円+税)
ISBN 9784496053030
第1刷 2017年10月30日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

流通プレイヤーとして近年急成長している駅ビル。本書では、駅ビルの歴史と構造的な特徴、ビジネスモデルについて概観し、類書にない、「交通」と「商業」と「まち」あるいはまちづくりの三つ巴の関係について述べていく。「JRタワー」(札幌)、「JR博多シティ」(博多) 、「アトレ」(恵比寿・品川・上野他)の3つのケースを中心に見ることで、駅ビルの設計原理、市場の捉え方、テナントとの関係性等についても詳細に分析。

→この本の目次

第I部 駅ビルとは何か?─その発展の系譜と内実
第1章 「駅ビル」形態の発展史
第2章 商業における「駅」という存在─交通の要衝と商業価値
第3章 ショッピングセンター概論
第II部 駅ビル形態の革新―「立地創造型」と「立地深耕型」
第4章 「立地創造型」駅ビルの展開―JRタワーとJR博多シティ
第5章 「立地深耕型」駅ビルの展開―アトレ誕生と駅ビル形態の確立
第III部 駅ビル形態の進化とこれから
第6章 駅ビル形態、進化のゆくえ

→著者の情報

1972年愛知県生まれ。名古屋市立大学大学院経済学研究科研究員。修士(法学)、博士(経済学)。名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。流通・マーケティングとビジネスモデル論を専攻。百貨店・駅ビルの開発・運営に携わり実務にも明るい。著書に『地域産業のマーケティング』(2008年)、『老舗学の教科書』(2011年)、日本SC協会『SCマネジメントブック 第3版』(2016年)(いずれも共著)。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年11月号

企業診断ニュース 2017年11月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧