経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  国際化 >  日中オフショアビジネスの展開

日中オフショアビジネスの展開

著者名 丹沢安治 編著
判型 A5判
頁数 324
定価 3,024円
(本体2,800円+税)
ISBN 9784496050381
第1刷 2014年01月30日
アマゾンで購入

→この本の内容

90年代以降、ITの発展により日本国内でのソフトウェア・システム開発が中国などにアウトソースされることが多くなってきた。このような状況の中で人材不足、人件費抑制などには効果があるが、日中間の文化的な距離の問題が、組織間のコミュニケーションにおいて思わぬ取引費用を発生させている。オフショア問題に解決策を示すとともに日本での地域活性化の一つとしてソフトウェア開発に道を示す。

→この本の目次

●日中間ソフトウェア・オフショア開発における重層的取引構造の共通化
●ソフトウェア開発におけるデュアルショア・モデルの成立
●中国におけるソフトウェアパークの運営管理に関する考察
●ソフトウェア・オフショア開発における定量的リスク分析の一手法
●中国オフショア企業考察
●ソフトウェアのオフショア開発における問題点と実施形態の選択について
●日系ITソフトベンダーのオフショア開発の経営戦略
●大連におけるサービス・アウトソーシング産業の現状と課題
●大連における日本企業のオフショア開発拠点の集積
●オフショアリング、ニア・ショアリングにおける文化の競争
●ソフトウェア開発におけるコミュニケーション問題と場のマネジメント

→著者の情報

1953年生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、慶応義塾大学商学研究科博士課程修了、中央大学総合政策学部教授を経て現在、中央大学戦略経営研究科・総合政策学部教授。主な著書に『中国における企業と市場のダイナミクス』(中央大学出版部)、『財産権・所有権の経済分析-プロパティーライツへの新制度派的アプローチ』(白桃書房)などがある。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年03月号

企業診断ニュース 2017年3月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧