経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  経済問題・地域問題 >  地域が元気になるために本当に必要なこと

地域が元気になるために本当に必要なこと

人づくりから始まった地域再生の5つの物語

著者名 高橋徳行 編著 村上義昭 鈴木正明 著
判型 A5判
頁数 216
定価 2,376円
(本体2,200円+税)
ISBN 9784496049743
第1刷 2013年03月30日
アマゾンで購入

→この本の内容

本書は地域、とりわけ地方と呼ばれる地域のアントレプレナーシップに焦点を当て、地域における起業活動のプロセスを架空の主人公に旅をさせ、それぞれの地域を訪ね歩くという構成をしている。そのなかでも事業を営む起業家ではなく、その環境整備に力を注いだ人に着目しているのは類書が少ない。

→この本の目次

はじめに
旅の始まり(新石垣空港)
訪問先(1)北の屋台 北海道帯広市
訪問先(2)板柳町ふるさとセンター 青森県板柳町
訪問先(3)花巻市起業化支援センター 岩手県花巻市
訪問先(4)昭和の町 大分県豊後高田市
訪問先(5)読谷くくるリゾート沖縄 沖縄県読谷村
おわりに

→同じ著者の本

テキスト ライフサイクルから見た中小企業論
安田武彦 高橋徳行 忽那憲治 本庄裕司 著
価格:3,024円
詳細はこちら
ケーススタディ 地域活性化の理論と現実
高橋徳行 編著
価格:2,700円
詳細はこちら

→著者の情報

高橋徳行:
北海道生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、1998年米国バブソン大学(Babson College)経営大学院修士課程修了。国民生活金融公庫総合研究所主席研究員を経て、現在武蔵大学経済学部教授。理論と現実を豊富な事例で説く、起業学の第一人者である。主な著書に『地方で花開く企業家精神』(中小企業リサーチセンター、1995年)、『起業学入門』(経済産業調査会、2000年)(2000年度中小企業研究奨励賞受賞)、『起業学の基礎―アントレプレナーシップとは何か』(勁草書房、2005年)などがある。立命館大学教授の高橋伸彰は実兄。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年5月号

企業診断ニュース 2017年5月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧