経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  ベンチャー・起業 >  日本的スピンオフ・ベンチャー創出論

日本的スピンオフ・ベンチャー創出論

新しい産業集積と実践コミュニティを事例とする実証研究

著者名 長山宗広
判型 A5判上製
頁数 456
定価 4,536円
(本体4,200円+税)
ISBN 9784496048623
第1刷 2012年02月29日
アマゾンで購入

→この本の内容

スピンオフとは「勤務先企業など母体組織からメンバーの技術者が自発的に飛び出して創業する行為」であり、スピンオフ・ベンチャーとは「技術者がスピンオフして創業した研究開発型企業」である。スピンオフ・ベンチャーは、日本の流動性の低い知識労働者市場といったマクロ的な課題のほか、プロダクト・イノベーションの実現に必要な製品開発力の獲得と、親元の母体組織とのWin-Win関係の構築といった固有の課題を抱えている。本書では、このようなスピンオフ・ベンチャーが日本の特定地域で連続的・集中的・持続的に創出される条件、新しい産業集積におけるスピンオフ連鎖の形成メカニズムを明らかにする。

【平成24年度中小企業研究奨励賞・経済部門本賞選定】

→この本の目次

序章 新しい産業集積の形成とスピンオフ・ベンチャーの創出に関する日本発の理論的・実証的な研究をめざして
第1章 新しい産業集積とスピンオフ・ベンチャーに関する先行研究レビュー
第2章 スピンオフ企業家の学習コミュニティに関する先行研究レビュー
第3章 事例研究にあたって
第4章 浜松地域のソフトウェア集積とスピンオフ連鎖の実態
第5章 札幌地域のソフトウェア集積とスピンオフ連鎖の実態
第6章 浜松地域の光電子集積とスピンオフ連鎖の実態
第7章 3つの事例の比較分析
第8章 発見事実の整理とインプリケーション

→著者の情報

駒澤大学経済学部准教授。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年5月号

企業診断ニュース 2017年5月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧