同友館website http://www.ginza-shop.info/doyukan/www/ 経営書・実務所のオンライン販売は出版社同友館website 2020年版中小企業診断士1次試験過去問題集 https://www.doyukan.co.jp/item_054457.html 過去2年分(平成30年度、令和元年度)の1次試験の問題を完全収録。全問題の解答・解説を掲載し、令和2年度試験に向けた学習法を指南。平成13~29年度分も、同友館ホームページより無料でダウンロード可能。 人事評価制度が50分で理解でき、1日で完成する本 https://www.doyukan.co.jp/item_054594.html 人事制度コンサルタントとデザイン専門学校生とのコラボレーションで、経営者に読んでもらいたい「ビジネス絵本」が実現。 “人事評価制度”って、よくわからない。いまさら聞けない。自社に必要と漠然と感じてはいるが一歩踏み出せない。そんなふうに頭を悩ませている社長は、実際多いのではないでしょうか。 本書を読めば、難解なイメージのある「人事評価制度」をすぐに理解することができ、自社にとってどのような人事評価制度が必要かがわかります。 策定期間が長すぎる、コンサル費用が高い、運用が面倒、などと多くの社長が口にする人事評価制度の構築。その「長い・高い・面倒くさい」イメージを覆し、新卒採用や外国人採用にも効く人事評価制度を1日で完成させてしまいましょう! ドラッカーが教える最強の後継者の育て方 https://www.doyukan.co.jp/item_054563.html 組織を存続させ、事業を継続する。そのために、“後継ぎ”をどう育てるか。 これが、本書のテーマです。 ほかの事業承継の本と違う5つの点 1.他の本は「事業承継全体」を書いている。この本は「後継者の育成だけ」を書いている。 2.他の本は「トップに引退すること」勧めている。この本は「トップが活躍し続けること」を勧めている。 3.他の本は「1人の後継者への承継」を勧めている。この本は「経営チームへの承継」を勧めている。 4.他の本は「事業承継の実務」を教えている。この本は「経営承継の原則」を教えている。 5.他の本は「後継者の自立」を教えている。この本は「会長と社長の関係」を教えている。 この本は、後継者の育成に、何らかの課題をお感じになられている、会長や社長に向けて書いたものです。あなたは次のうち、いくつ当てはまるでしょうか? 「後継者のことは言われなくてもわかっている。私は100歳まで現役だ。」 「後継者を誰にするか何も決まっていない。」 「うちには、組織全体を見て、会社の将来を考える人間は誰もいない。」 「後継者の育成について、何も取り組んでいない。」 「この会社の経営をいつ誰にどうやって引き継げばいいか不安だ。」 これらは実際に、会長や社長からお聞きした言葉です。ドラッカーは、「自らを存続させられない組織は失敗である。したがって、明日のマネジメントを担うべき人材を今日準備しなければならない。」と言っています。 世界で初めて経営の承継を取り上げたドラッカーは、後継者育成の原理原則と、トップが後継者に果たすべき役割を教えてくれています。 翻って。後継者を勉強会やセミナーに参加させ、どんなに経営を学ばせたとしても、知識の習得やスキルの向上だけでは絶対に解決しようのない、「後継者の育成がうまくいかない9つの原因」があります。あなたが、後継者の育成に取り組んだとしても、あなたの努力は、その9つによって完全に打ち消されてしまいます。この本を読むと、「後継者の育成がうまくいかない9つの原因」がわかり、「すべきこと」と「すべきでないこと」が明らかになります。 本書のねらいは、御社の永続です。後継者を育成する目的は、トップが引退するためではありません。組織を存続させるためです。本書は「後継者の育成」に焦点を絞って、その具体的な実践方法をお伝えしています。 御社が後継者の育成に成功し、次の時代に向けて、さらに繁栄されることを心より願っております。 企業診断ニュース 2020年01月号 https://www.doyukan.co.jp/item_2020010.html 特集 【令和元年度「中小企業経営診断シンポジウム」受賞論文発表】 令和元年11月6日(水)に行われた、令和元年度「中小企業経営診断シンポジウム」の第1分科会受賞論文5本を掲載しています。 研究開発を変える https://www.doyukan.co.jp/item_054464.html 日本企業の財務体質はおおむね良好であるが、長期的にわたって低成長が続いている。特に科学技術面での世界的地位の低下が危惧され、日本の世界における論文数シェアは低下傾向にある。また個別企業に目を移しても、米国企業の「GAFA」や中国の華為技術(ファーウェイ)などが研究開発予算を大幅に増やすなか、日本企業では研究開発の『生産性』を重視し、研究開発予算が増えていない現状がある。そうした現状において、日本企業の研究開発部門の取り巻く環境や課題、そして問題解決法を示したもの。 月刊 『企業診断』 2019年12月号 https://www.doyukan.co.jp/item_2019121.html 特集「副業・複業時代の企業内診断士」  この副業・複業時代,多くの企業内診断士が気になることは,「この資格をどう活かすか?」,「どうスキルアップするか?」,「どう稼ぐか?」ではないだろうか。本特集では,所属企業の「内」と「外」で活躍している診断士のケースを紹介するとともに,副業・複業の収入面やスキル面,そして,所属企業とのWin-Winの関係の築き方について探っていく。2次試験後の診断士予備軍の方も必見! 月刊 『企業診断』 2020年1月号 https://www.doyukan.co.jp/item_2020011.html 特集 令和元年度試験を振り返る 令和2年度2次試験の対策  2次試験において,1次試験で学んだ経営理論や,80分で作成可能な「合格答案」のレベルはどこまで必要なのか――。令和元年度試験の事例1~4を題材に,EBA中小企業診断士スクールの江口明宏講師が徹底解説。絶対に書けなければならない基本理論や,1次・2次の平行学習方法の紹介も交えて,試験委員が求める「中小企業診断士の応用能力」を明らかにする。毎年恒例の誌上添削付き!  本特集第5章にて,事例1例題の無料添削を先着100名様限定で行います。解答用紙を下記「この本の中身拝見」の「中身拝見PDF5 2020年1月号特集・無料添削用解答用紙.pdf」をダウンロードし、A3用紙に印刷したうえで解答を行ってください。解答用紙には、お名前とご住所、お電話番号を明記のうえ、弊社宛にご郵送ください。2020年1月31日消印有効です。お送りいただいた解答用紙は、EBA中小企業診断士スクールが添削後、3月以降、順次返却させていただきます。 【送付先】 〒113-0033 東京都文京区本郷3-38-1-3F 株式会社同友館「企業診断」編集部 ※皆様の個人情報は、解答用紙返却以外の目的では一切使用いたしません。 ※応募が100名様に達した時点で、〆切とさせていただきます。ご了承ください。 2019年版過去問完全マスター7中小企業経営・政策 https://www.doyukan.co.jp/item_053955.html 診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成21~30年度)を論点別・重要度順に編集。 2019年版過去問完全マスター6経営情報システム https://www.doyukan.co.jp/item_053948.html 診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成21~30年度)を論点別・重要度順に編集。 2019年版過去問完全マスター2財務・会計 https://www.doyukan.co.jp/item_053900.html 診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成21~30年度)を論点別・重要度順に編集。 2020年版ニュー・クイックマスター6経営情報システム https://www.doyukan.co.jp/item_054402.html わかりやすい解説と図表で頻度の高い重要論点を効率よく学習。直近令和元年度試験の解説も掲載。 2020年版ニュー・クイックマスター5経営法務 https://www.doyukan.co.jp/item_054396.html わかりやすい解説と図表で頻度の高い重要論点を効率よく学習。直近令和元年度試験の解説も掲載。 2019年版過去問完全マスター4運営管理 https://www.doyukan.co.jp/item_053924.html 診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成21~30年度)を論点別・重要度順に編集。 伝統的工芸品ブランドの感性マーケティング https://www.doyukan.co.jp/item_054440.html 早稲田大学ビジネススクール『感性マーケティング論』ゲスト講師講義録。能作(能作克治代表)、吉岡甚商店(吉岡伸昌社長)、とみや織物(富家靖久社長)、白鳳堂(高本光取締役)の4人。 2020年版ニュー・クイックマスター4運営管理 https://www.doyukan.co.jp/item_054389.html わかりやすい解説と図表で頻度の高い重要論点を効率よく学習。直近令和元年度試験の解説も掲載。