同友館website http://www.ginza-shop.info/doyukan/www/ 経営書・実務所のオンライン販売は出版社同友館website 脱炭素社会の地域イノベーション https://www.doyukan.co.jp/item_057076.html 再生エネルギー事業に関わる地域中小企業の事例を分析・紹介し、地域中小企業の進む先の一つとして、日本版シュッタットベルケ(ドイツの自治体出資の公社、経営は民間事業者が行う)を提言する。 [改訂]最強戦略としての健康経営 https://www.doyukan.co.jp/item_057090.html 経済産業省認定の健康経営顕彰制度には上場企業・大規模法人では併せて約5000社、中小企業でも17000社以上が申請をしています。 企業経営においてスタンダードとなりつつある健康経営への取り組みについて、経営戦略的視点から見たメリットや上述の制度解説など健康経営の追い風となる環境、実際の取り組み方や各企業・組織の取り組み事例について分かりやすく解説します。 三訂版 財政学 https://www.doyukan.co.jp/item_057014.html 財政学の主要なテーマである「租税」、「公債」、「社会保障」に加え、「環境問題」「財政政策」を盛り込み、国の財政システムが抱える諸問題を浮き彫りにする。国における財政の仕組みや人々と経済行動に及ぼす影響を経済学の基礎理論を用いて、「財政学」の理論的な視点から分析している。「財政学」を学ぼうとする学部学生の方はもちろんのこと、初学者や社会人を対象にしたテキスト。2016年10月発行の『新版 財政学』の改訂版。 小さな会社のためのコスメビジネス立ち上げBOOK https://www.doyukan.co.jp/item_056994.html かつて大手企業が莫大な利益を出したコスメビジネス。もう、かつての「有名人●●のCM」「新素材」「流行の最先端」という売り文句では、消費者から選ばることはありません。 SNSの登場でニーズはさらに多様化し、「推しの個人・企業・地域がどのように作りあげた商品か」が重要視される時代だからこそ、「小さな会社がつくるコスメブランド」に可能性があるのです。 コスメビジネスは、他業種からの参入障壁が低く、OEM(製造委託)で簡単にオリジナルコスメブランドを立ち上げることができます。 今でこそよく聞く「酒造が作ったスキンケア」「ヘアサロンが開発したヘアケア商品」は、地元の小さな会社やお店の「既存の主軸ビジネス」と「新規のコスメ事業」が相乗効果を生んだ大ヒット商品の一例です。 自社商品の魅力をさらに高める方法が知りたい、新しい事業を開拓し経営の幅を広げたい、そんな熱い思いを持つ経営者や広報、企画担当者への嬉しい1冊となること、間違いなし! 中小企業診断士2次試験 ふぞろいな答案分析7 https://www.doyukan.co.jp/item_057038.html 中小企業診断士2次試験対策書籍『ふぞろいな合格答案』2022年版、2023年版の答案分析編を一挙掲載! 令和3年度試験、4年度試験の2年間計792枚の答案から導きだされたキーワード、ベスト答案で合格に迫る! 中小企業診断士2次試験 ふぞろいな再現答案7 https://www.doyukan.co.jp/item_057045.html 中小企業診断士2次試験対策書籍『ふぞろいな合格答案』2022年版、2023年版の再現答案編を一挙掲載! 令和3年度試験、4年度試験の合格者12名の再現答案、80分間のドキュメントで合格ノウハウをつかむ! 2024年度版広報・PR概説 https://www.doyukan.co.jp/item_057083.html PRプランナー資格認定検定試験公式テキストとしてのみならず、実際に広報・PRの仕事に就いている人、または大学の広報論の教科書として使用できるよう広報・PRの基本を網羅した内容である。 月刊 『企業診断』 2024年5月号 https://www.doyukan.co.jp/item_2024051.html 特集 事業再生と地域経済─中小企業診断士の新たな活躍フィールド  依然として地域を取り巻く環境は厳しく,事業再生を必要とする中小企業が多い中,「事業再生を通じた地域企業の回復」は,中小企業診断士が活躍できるフィールドだ。本特集では,人口減少,少子高齢化,公共交通の減退など,さまざまな課題を抱えている各地域において,中小企業診断士による事業再生支援が地域経済の回復につながったケースを紹介。事業再生の新たな方向性を提示する。 令和5年度 中小企業診断士 第1次試験(再試験) 企業経営理論 問題&解説 2024年版過去問完全マスター6経営情報システム https://www.doyukan.co.jp/item_056871.html 中小企業診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成26~令和5)を論点別・重要度順に編集。法改正・制度変更にも対応。 中小企業診断士1次試験は7科目の幅広い領域から出題され、合格には平均6割以上の得点が求められるが、1年間で1次試験・2次試験の両方の勉強をするためには最大でも8か月ほどしか1次試験に時間を割くことができないため、すべての科目のすべての領域を勉強することは非効率である。 したがって、受験生はいかに早く出題傾向を把握し、頻出な論点を繰り返し解くことができるかが重要である。 では、出題傾向や重要な論点はどのように把握すればよいのか? そのためには、過去問題を複数年度確認する必要がある。 しかし、これまでの過去問題集は年度別に編集されているので、同一論点の一覧性を確保したい場合や論点別に繰り返し解くツールが欲しい場合には、受験生自身が過去問題を出題項目ごとに並べ替えたツールを自ら作成する必要があった。 これには時間も労力もかかるため、「市販の問題集で論点別にまとめたものがあったらいいのに……」と考える受験生の声に応えて作られたもの。 過去10年間の1次試験過去問題を収録し、出題傾向を参考にして並べ替えたことで、受験生が短期間に頻出の論点を容易に把握し、繰り返し解き、自分の苦手な論点を徹底的に克服することができるように工夫した。 デジタル・テクノロジー経営入門 https://www.doyukan.co.jp/item_057052.html 本書は2016年に出版した『テクノロジー経営入門』へ大幅に加筆・修正を加えたもの。今回、国内外の情勢や企業の組織変革に不可欠な課題として、新たに研究テーマとして取り上げたのは、「デジタルとは何か」「半導体の進歩とそれを巡る国際競争」「デュアル・ユース技術」そして「データ・ドリブン経営」を書き加える一方で、旬を過ぎたケーススタディを最新のユニークなものに入れ替え、統計資料や調査資料についても、白書や研究機関の調査レポートを通じて、最新のデータに更新した。 初学者のための経営学概論 https://www.doyukan.co.jp/item_055515.html おもに経営管理・戦略論に主眼を置いて(マーケティングを含めず)、経営学に関わる分野全体を包括したもの。専門分野に入る前の経営学部1年生向けのテキスト。 地方産業集積のダイナミズム https://www.doyukan.co.jp/item_057069.html かつては典型的な農村工業地域といわれたが、現在では地方工業地域として発展している長野県上伊那地域。製造品出荷高では諏訪地域を抜き、長野県内3位の工業地域となっている。本書では、上伊那地域の工業がなぜ発展することができたのか、特に中小企業に焦点を当て分析する。 2024年版観光ビジネス未来白書 https://www.doyukan.co.jp/item_056956.html 本書では『観光ビジネス』を分野別に分類して、その全体像を明らかにしています。また、それぞれの観光ビジネスの現状と未来戦略を見開きでわかりやすく記述しています。大学院で観光学を学ぶ学生、観光関連機関の研究者、観光振興による地域活性化をめざす自治体関係者などが主な読者です。 2024年版過去問完全マスター2財務・会計 https://www.doyukan.co.jp/item_056833.html 中小企業診断士1次試験過去10年分の過去問題(平成26~令和5)を論点別・重要度順に編集。法改正・制度変更にも対応。 中小企業診断士1次試験は7科目の幅広い領域から出題され、合格には平均6割以上の得点が求められるが、1年間で1次試験・2次試験の両方の勉強をするためには最大でも8か月ほどしか1次試験に時間を割くことができないため、すべての科目のすべての領域を勉強することは非効率である。 したがって、受験生はいかに早く出題傾向を把握し、頻出な論点を繰り返し解くことができるかが重要である。 では、出題傾向や重要な論点はどのように把握すればよいのか? そのためには、過去問題を複数年度確認する必要がある。 しかし、これまでの過去問題集は年度別に編集されているので、同一論点の一覧性を確保したい場合や論点別に繰り返し解くツールが欲しい場合には、受験生自身が過去問題を出題項目ごとに並べ替えたツールを自ら作成する必要があった。 これには時間も労力もかかるため、「市販の問題集で論点別にまとめたものがあったらいいのに……」と考える受験生の声に応えて作られたもの。 過去10年間の1次試験過去問題を収録し、出題傾向を参考にして並べ替えたことで、受験生が短期間に頻出の論点を容易に把握し、繰り返し解き、自分の苦手な論点を徹底的に克服することができるように工夫した。 自分で考え自分で描くキャリアデザイン https://www.doyukan.co.jp/item_056901.html 大学・短大でのキャリアデザイン系科目における基本テキスト。卒業後、自分自身がどのような人生を歩んでゆくのかを考えるにあたり、社会・仕事を理解するとともに、自己課題の発見・改善にあたって能力・スキルを養う。豊富な演習、学びの基盤としてロジカル・シンキングを交え情報の整理から学べることも本書の特徴。