経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  企業経営 経営一般 >  二宮尊徳に学ぶ「報徳」の経営

二宮尊徳に学ぶ「報徳」の経営

著者名 田中宏司 水尾順一 蟻生俊夫 編著
判型 四六判上製
頁数 312
定価 2,052円
(本体1,900円+税)
ISBN 9784496053016
第1刷 2017年10月05日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

二宮尊徳の「報徳思想」は農村救済の枠を超えて、多くの経済人や企業、そして学問の場にも多くの影響を与え、今日に至っている。日本における経済・経営思想の原型といっても過言ではない。本書は二宮尊徳の著作物や文献、さらには関係した企業や組織の資料を基に、理論的な考察を加えたもの。

→この本の目次

はじめに 【特別寄稿】二宮尊徳の人と思想と一つの実践
第I部 二宮尊徳の生き方に学ぶ
第1章 尊徳の一円観:ステークホルダー・マネジメント
第2章 尊徳の至誠(その1):コンプライアンス
第3章 尊徳の至誠(その2):顧客満足
第4章 尊徳の勤労(その1):従業員満足
第5章 尊徳の勤労(その2):危機管理
第6章 尊徳の分度:コーポレート・ガバナンス
第7章 尊徳の推譲:地域社会対応、社会貢献活動
第II部 二宮尊徳の教えの実践事例
第8章 「報徳思想」を現代につないだ岡田良一郎
第9章 「報徳思想と算盤」で明治維新を成し遂げた渋沢栄一
第10章 尊徳の教えから世界の真珠王になった御木本幸吉
第11章 織機発明に人生を捧げた報徳思想の実践者・豊田佐吉
第12章 日本酪農の先覚者・黒澤酉蔵の「協同社会主義」と報徳経営
第13章 「代表的日本人」としての松下幸之助と尊徳
第14章 「行政改革の顔」土光俊夫と尊徳との接点
第15章 伊那食品工業の経営にみる報徳思想の実践
第16章 日本の「医」を「衣」で支えて一世紀:ナガイレーベンの報徳経営

→同じ著者の本

渋沢栄一に学ぶ「論語と算盤」の経営
水尾順一 田中宏司 蟻生俊夫 編著
価格:1,944円
詳細はこちら

→著者の情報

●田中宏司 一般社団法人経営倫理実践研究センター理事・主席研究員。東京交通短期大学名誉教授(元学長)。1959年中央大学第2法学部・1968年同第2経済学部卒業。1954〜1990年日本銀行、1970年ミシガン州立大学(日銀派遣)、ケミカル信託銀行を経て、2002〜2006年立教大学大学院教授、2008〜2013年東京交通短期大学学長・教授。1996〜2010年高千穂大学・早稲田大学・関東学院大学兼任講師を歴任。主な著書に『コンプライアンス経営』(生産性出版)など。
●水尾順一 駿河大大学経済経営学部・大学院総合政策研究科教授、博士(経営学:専修大学)。1947年生まれ。神戸商科大学(現・兵庫県立大学)卒業、資生堂を経て、1999年駿河台大学へ奉職。現在にいたる。専門はCSR、経営倫理論など。東京工業大学大学院理工学研究科・東洋大学経営学部兼任講師、アデランス社外取締役、西武ホールディングス企業倫理委員会社外委員。主な著書に『CSRで経営力を高める』(東洋経済新報社)、『セルフ・ガバナンスの経営倫理』(千倉書房)など。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年10月号

企業診断ニュース 2017年10月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧