経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  社会・環境 >  入門 金融の現実と理論 第3版

入門 金融の現実と理論 第3版

役に立つ金融の知識

著者名 谷内満 著 センゲージラーニング 発行
判型 A5判
頁数 288
定価 3,240円
(本体3,000円+税)
ISBN 9784496052910
第1刷 2017年09月20日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

金融の現実と理論を相互に密接に関連させながら学ぶ金融の入門書である。そのような本書の構成は、経済学の理論を研究し、また実務家として理論を現実の問題に応用してきた筆者の体験からくる信念のようなものを反映している。それは、理論を身に着けるには現実を知ることが不可欠であり、現実の諸問題を深く理解するには理論的な知識が不可欠である、というものである。本書の初版の出版は2009年で、それから8年が経過した。その間2013年には第2版を出版して、さまざまなデータのアップデートと初版以降の金融情勢の変化を盛り込んだ本文改訂を行った。今般第3版の出版にあたっては、本書全般にわたって注意深く見直し、最新の情報を織り込むと同時に理論的な説明の部分でもよりわかりやすくするためのさまざまな工夫を織り込んだ。

→この本の目次

第1章 金融の基本的な機能
第2章 企業と政府のファイナンス
第3章 日本の金融機関と金融市場
第4章 貨幣とインフレ
第5章 金融政策の運営
第6章 債券市場と金利
第7章 株式市場と株価
第8章 金融規制の課題と仕組み
第9章 金融危機の発生
第10章 国際金融
第11章 金融派生商品とリスク・ヘッジ

→同じ著者の本

改訂新版 戦略経営論
マイケル・A・ヒット R・デュエーン・アイルランド ロバート・E・ホスキソン 著 久原正治 横山寛美 監訳 センゲージラーニング 発行
価格:3,996円
詳細はこちら

→著者の情報

早稲田大学商学学術院教授。東京大学法学部卒業。ブラウン大学で経済学博士号を取得。ペンシルベニア大学経営大学院ウォートン・スクール上級経営管理プログラム修了。専門は国際金融、マクロ経済学、経済政策。経済学博士(Ph.D. in economics)。経済企画庁入庁後、世界銀行エコノミスト、経済企画庁調整局審議官などを経て、1999年にはアジア太平洋経済協力(APEC)経済委員会の議長を日本人として初めて務める(01年まで)。その後内閣府官房審議官(経済財政)、内閣府政策統括官を歴任し、2004年から現職。ちなみに、2001年度の経済財政白書(年次経済財政報告)の執筆責任者である。主な著書に『新しいマネタリズムの経済学』(東洋経済新報社)、『アジアの成長と金融』(東洋経済新報社)などがある。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年11月号

企業診断ニュース 2017年11月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧