経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  経済問題・地域問題 >  日本の石油は大丈夫なのか?

日本の石油は大丈夫なのか?

石油サプライチェーンの再検証

著者名 須藤繁 著
判型 四六判
頁数 200
定価 1,728円
(本体1,600円+税)
ISBN 9784496050879
第1刷 2014年11月20日
アマゾンで購入

→この本の内容

シェール層開発により、国際石油市場には原油を1バレル当たり70〜80ドルで下支えする仕組みが組み込まれた。シェール革命は、しかも石油時代を大きく延長させた。
米国のエネルギー輸入量は、シェール革命により年々減少している。日本はシーレーン防衛に関し、米国と同じゲームを行えるのか。

→この本の目次

第1章 日本の原油輸入の歴史
第2章 中東から日本までのオイルロード
第3章 石油産業の技術革新とタンカーの大型化
第4章 石油危機と船腹需要
第5章 1980年代の石油産業と海運
第6章 安全な船、きれいな海
第7章 中越艦隊激突〜重要性高まるシーレーン防衛に向けた国際協力
第8章 シェール革命がもたらしたもの

→同じ著者の本

石油地政学の新要素
須藤繁 著
価格:1,944円
詳細はこちら

→著者の情報

帝京平成大学現代ライフ学部経営メネジメント学科教授。1973年中央大学法学部法律学科卒。石油連盟、株式会社三菱総合研究所、一般財団法人国際開発センターを経て、2011年4月より現職。専門は石油産業論。著書に『石油市場の現状と将来』(世界の動き社、1995年)、『日本の産業システム(1) エネルギー産業の変革』(共著、NTT出版、2004年)、『石油地政学の新要素』(同友館、2010年)など。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年4月号

企業診断ニュース 2017年3月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧