経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  経済問題・地域問題 >  地域活性化マーケティング

地域活性化マーケティング

地域価値を創る・高める方法論

著者名 宮副謙司 著
判型 A5判
頁数 328
定価 3,024円
(本体2,800円+税)
ISBN 9784496050817
第1刷 2014年11月20日
アマゾンで購入

→この本の内容

全国各地で地域活性化に取り組む人々を読者として想定し、一過性の集客イベントや話題づくりでない本質的な地域活性化の戦略構築と実践に向けた様々な参考事例の着眼点を具体的に示しながら、地域活性化のあるべき考え方、取り組み方を紹介するものである。

→この本の目次

序章 地域活性化の捉え方
第1章 プロダクト:地域産品のブランド化(狭義の地域ブランド)
第2章 プロダクト:地域のブランド化(広義の地域ブランド)
第3章 プロモーション
第4章 チャネル
第5章 地域活性化のマーケティングモデル
第6章 地域活性化のマネジメントモデル
第7章 地域活性化の担い手
第8章 地域活性化の取り組み領域・テーマ
第9章 長野県小布施町
第10章 熊本県「くまモン」
第11章 徳島県神山町
第12章 米国・ポートランド市
結章 地域活性化を通じたマーケティングの進化

→同じ著者の本

全国百貨店の店舗戦略2011
宮副謙司 内海里香 著
価格:2,160円
詳細はこちら

→著者の情報

九州大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA取得)、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。西武百貨店、プライスウォーターハウスクーパース、アビームコンサルティングなどを経て、2009年4月より青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授。「地域活性化のマーケティング」をはじめマーケティング関連科目を担当。東京大学経済学部非常勤講師(「流通経営」を担当)を兼務。日本マーケティング学会リサーチプロジェクト「地域活性化マーケティング」研究会を主宰する。
主要著書:『ソリューション・セリング』東洋経済新報社、『コア・テキスト流通論』新世社、『全国百貨店の店舗戦略2011』同友館、『流通業のためのMBA入門』ダイヤモンド社、など

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年4月号

企業診断ニュース 2017年4月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧