経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  社会・環境 >  遊び概念と消費者行動

遊び概念と消費者行動

著者名 小川純生 著
判型 A5判
定価 3,024円
(本体2,800円+税)
ISBN 9784496050213
第1刷 2013年12月20日
同友館OnLineで購入する

→この本の内容

消費者がモノやサービスを手に入れるときにはそこに非日常的な期待感、どきどきする気持ちを抱いてるのではないか。それはまさに人間が遊びに対した時、遊びをしている時の期待感、気持ちと同様なのではないか。この概念を利用し、消費者の行動を説明する。

→この本の目次

●ホイジンガの遊び概念と消費者行動
●カイヨワの遊び概念と消費者行動
●遊び概念-面白さの根拠
●遊びは人間行動のプラモデル
●面白さと情報負荷の関係
●面白さに関わる情報の相対的評価
●面白さに関わる直前情報の影響
●テレビゲームの変遷
●間違ったテレビゲーム進化
●消費者行動;なぜ、遊び概念なのか
●時間と空間の交点に立つ消費者

→著者の情報

1951年神奈川県生まれ。1982年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。1983年名古屋商科大学専任講師。1988年東洋大学経営学部専任講師。1991年東洋大学経営学部助教授。1996年4月〜1997年3月オレゴン州立大学客員教授。1999年東洋大学経営学部教授。マーケティング論、消費者行動論、演習その他担当。主な著書に『消費者と所得』(税務経理協会)、『エッセンスが分かるマーケティング』(中央経済社)などがある。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年9月号

企業診断ニュース 2017年9月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧