経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  中小企業 >  複眼的中小企業論

複眼的中小企業論

中小企業は発展性と問題性の統一物

著者名 黒瀬直宏 著
判型 A5判上製
頁数 464
定価 4,860円
(本体4,500円+税)
ISBN 9784496048906
第1刷 2012年08月10日
アマゾンで購入

→この本の内容

今日必要とされるのは、問題型中小企業論も積極的中小企業論も部分理論であることを認め、2つを統合することである。すなわち、中小企業は固有の発展性を内在させているが、その発現を妨げる固有の問題性も課せられており、中小企業は発展性と問題性の統一物である――こういう新たな中小企業論の構築である。発展性も問題性も中小企業の本質として同時に視野に入れるから、これを複眼的中小企業論と呼びたい。

→この本の目次

第I部 複眼的中小企業論
第1章 複眼的中小企業論の必要
第2章 中小企業の発展性
第3章 中小企業の問題性
第4章 中小企業は発展性と問題性の統一物

第II部 戦後中小企業発展史・問題史
第1章 戦後復興期の中小企業
第2章 高度成長期の中小企業
第3章 減速経済期の中小企業
第4章 長期停滞期の中小企業

→同じ著者の本

中小企業が市場社会を変える
黒瀬直宏 上原聡 編著
価格:2,592円
詳細はこちら
独立中小企業を目指そう
黒瀬直宏 著
価格:2,376円
詳細はこちら

→本書の「中身拝見」

pdf 中身拝見PDF1

→著者の情報

1944年生まれ。1967年、慶應義塾大学経済学部卒。1969年、東京都立大学大学院社会科学研究科修士課程修了。1970年、中小企業事業団入団。豊橋創造大学、専修大学教授を経て、現在、嘉悦大学経営経済学部教授、同大学院ビジネス創造研究科長。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年5月号

企業診断ニュース 2017年5月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧