経営書・実務書の同友館website_HOME

会社案内 お問い合わせ
本
月別刊行書籍一覧 マルチメディア販売 セミナー情報 書籍関連ダウンロード 掲載記事一覧 書店様向け
ホーム >  オンラインストア >  ベンチャー・起業 >  ひとりから始める

ひとりから始める

「市民起業家」という生き方

著者名 川口和正 著
判型 四六判
頁数 288
定価 1,944円
(本体1,800円+税)
ISBN 9784496047886
第1刷 2017年04月17日
アマゾンで購入

→この本の内容

 「いま、ここにないのなら、自分で作る」「誰もやっていないのなら、自分が始める」――。
 人と地域と社会を支える31人の仕事と働き方を描いた人物ルポ。農家、豆腐屋、大工、ミュージックカフェ店主、川のクルーズの船長など、老舗の生業から新たな仕事を作った人までを取り上げる。月刊『企業診断』での連載を大幅に加筆修正。

→この本の目次

【プロローグ】
農ある暮らしを紡ぐ若き都市農家

【第1章 仕事の原点に立つ】
「ただの町の豆腐屋」という矜持/OLから転身し、東京・新宿で八百屋を営む/日本の伝統構法で木造住宅を建てる/街角のコミュニティをめざす銭湯/オーガニックな庭で自然を伝える植木屋

【第2章 暮らしから紡ぐ】
「遊びの栄養士」として自宅ショップを開く/定年後の男たちが高齢者のケアに挑む/手作りほうきを復活させ、伝統を伝える/家庭の味を込めたおにぎりで商店街に「縁側」を/障がい者のアートに出会う美術館

【第3章 好きが仕事に】
音楽で人をつなぐカフェ&ライブハウス/アフリカの布で洋服を仕立てる「お針子デザイナー」/街と人を元気にするコミュニティシネマ/主婦がつくった山村のレストラン/小舟の川クルーズで水都・大阪の再生を

【第4章 地域で興す】
東京で林業の会社を起こす/「お金の地産地消」をめざすNPOバンク/真心の商いをする老舗の金物屋/大地と地域に根ざすオーガニックな種屋/住民運営の「百貨店」で農村を守る

【第5章 社会を変える】
フェアトレードでスローな暮らしを/生活者が科学技術の主役に/まちのおばちゃんの力で子育てにやさしい地域を/インドネシアの暮らしと環境を守るNGO/社会福祉士として貧困問題に立ち向かう

→著者の情報

1964年愛知県生まれ。静岡大学教育学部大学院修士課程修了後、出版社・思想の科学社勤務を経て、フリーライターに。子ども、人と仕事、市民活動、戦後史などをテーマに取材執筆多数。共著に『ひきこもり支援ガイド』、『これがボランティアだ!』、『教師』(いずれも晶文社)、編著に『道遠くとも 弁護士相磯まつ江』(コモンズ)など。現在、月刊『企業診断』(同友館)にて「Work Goes On!―リスタートの人生」を連載中。

このページのトップへ戻る

企業診断

企業診断年間購読申込

企業診断広告媒体資料

月刊 『企業診断』 2017年5月号

企業診断ニュース 2017年4月号

同友館正誤表

献本のお申し込み

中小企業診断士の広場

会社案内 お問い合わせ

月刊書籍一覧

オンラインセミナー

ブックストアメディア・掲載記事同友館Clubマルチメディア販売ダウンロードセミナー情報

Copyright © 2007 Doyukan. All Rights Reserved.

RSS 新着情報一覧